2007年05月14日

リフレッシュ作業その2・フロア塗装

モール交換に続いて、以前からずっとやりたかった作業、フロア塗装をやってみました。

これが塗装前の状態です。

いや~、きったないですな~(汗


以前、アンダーコートをはがした際に、はけ塗りで部分的に塗装はしたんですが、それももう5年以上前の話。
剥がれてきたり、傷や汚れで相当痛んできてました。

ということで、今回は全体的にきちんと塗りなおそうと思います。
塗料も、ホームセンターの安物じゃなくて、ボディ塗装用のきちんとしたものを使って、刷毛塗りじゃなくスプレーガンでやるつもりです。


で、まずやらねばならないのが、一部残ってたアンダーコート剥がし。
主だったところは5年前に剥がしたんですが、センタートンネル部とリアシート足元の部分は非常にはがれにくく(中途半端に薄くて綺麗に剥がれない)、当時の道具では無理でした。(スクレバーとハンマーのみ)

で、今回は、エアの力を借りて、一気に片付けてしまいます。

最初は今回もスクレバーで地道に剥がそうとしてたんですが、気温も高くアンダーコートが溶け気味で粘り気が強く、まったく歯が立ちませんでした。
そこで、なにかいい道具は無いかな~と工場を見渡して見つけたのが、たまたま刃先が折れてたエアソー。
これをアンダーコートとボディの隙間にもぐりこませて剥離していきました。

この刃先が折れてるってのがミソで、切るというよりは突き刺すといった感じで、粘り気のあるアンダーコートをどんどん剥がしていけました。


おかげで、スクレバーでは全く剥がれなかった部分も、綺麗に剥がれました。
きもちいい~(笑


残ったカスはシンナーで溶かしてふき取ると、綺麗になります。


センタートンネル部よりもさらに剥がれにくい部分です。
とにかく薄くて硬いので、エアソーを使っても綺麗に剥がれず、ちょっとずつ削り取っていくことしかできませんでした。


それでもまぁなんとか地道に削り取って、アンダーコート剥がしは完了。


スプレーガンで塗装するので、マスキングします。
はっきりって、外装を全塗装するときよりめんどくさいかも。。。
まぁ、ここまできっちりしなくてもいいとは思いますが。(汗


リアから塗り始めます。
色は、即席チャンピョンシップホワイトをイメージしたんですが、塗ってみると、ただの明るいグレーでした。。


運転席足元。
一番剥がれやすいとこなので、しっかり重ね塗り。


センタートンネルもサイドブレーキを外してきっちり塗装。


終了です。
久しぶりの塗装をしっかり堪能しました。(笑


写真では綺麗に見えますが、下地がガタガタなので、実は思ったほど綺麗ではありません。。。


マスキングを外して完成です。
サブウーファーは両面テープで強力にくっついてたので、はずせませんでした。(笑


配線も少し整理して(前よりは)見栄えよく・・・。(まだなってないかも)


リアの配線はまた今度。

ということで、車内もリフレッシュ完了です。
しばらくシンナー臭い車内で、頭もリフレッシュです。(ぉぃ

あ、トランク塗るの忘れてた。(汗

さて、次は・・・。

マスキングを手伝っていただいた、たいぞー氏に感謝。

Trackback on "リフレッシュ作業その2・フロア塗装"

このエントリーのトラックバックURL: 

"リフレッシュ作業その2・フロア塗装"へのトラックバックはまだありません。

Comment on "リフレッシュ作業その2・フロア塗装"

"リフレッシュ作業その2・フロア塗装"へのコメントはまだありません。

Post a Comment

コメントする

さんのTypeKeyへのサインインを確認しました。 コメントをどうぞ。

(HTMLタグは使用できません)
ブラウザに投稿者情報を登録しますか?(Cookieを使用します。次回書き込み時に便利です。)
  •  
  •