2005年03月12日

mikeさんお手伝いその2

みなさんすでにご存知だとおもいますが、先週引取ってきたmikeさんのアコードですが、残念ながら廃車することに決定したようです。

決断にいたるいきさつについては、ご本人がblogに書いてられますので、私が書くことは特にないですが、まぁ、さまざまな条件、みんなのアドバイス、本人の気持ち、すべてを加味して決めたことですから、それは尊重されるべきものと思います。
ワタシも、最初は「がんばって直そう派」でしたが、詳しいクルマの症状と、mikeさんのクルマの使い方を考えると、無理して直すよりはきっぱり廃車に決めたことは逆に良かったんではと思います。
納得できない状態のクルマに愛情が生まれないのは当たり前ですから。ワタシもそうです。ただ納得できるラインがみんなとは少し違うだけです。ほんの少しだけね。(汗

で、本題。
左リア足がぐらぐらになっていることは先週書きましたが、今日はその修復です。
なんで廃車にするのになおすのか?というと、廃車するとはいえクルマは色々移動させなければなりませんので、やっぱり自走できるのとできないのとでは大きく違うのです。


ジャッキアップして手で引っ張り出すだけでこの状態です。
実際クルマを動かすととんでもない状態になります。
mikeさん曰く「デロリアンみたい」だそうで。


タイヤをはずしてみると、あからさまにアームが曲がっています。

早速交換作業に入ります。
アームは以前ワタシが事故ったときに購入したリアアームが結局使わずにありましたので、それを提供。
ナックルも逝ってるぽいので、みーさんが5穴化であまったCF4純正の4穴ハブ付きナックルを準備。

まずはキャリパーを外し、ナックル側のアームをすべて外します。
その後、曲がってそうなアームを一本ずつ車体側から外し、予備のアームに交換していきます。
とりあえずぱっと見で曲がってた2本を交換し、予備のナックルを取り付けますが、それ以外のアームも少しずつ曲がってるようで、うまくつきません。
苦労しながらも結局、一本換えてはナックルとあわせて見てはやり直し・・・で、最終的に5本中4本交換になりました。


外したアームです。
見るからに曲がってますね。
赤丸のところは、アームの根元から裂けてます。。。(汗


問題のナックル。
ぽっきり逝ってます。すごい衝撃があったことが良くわかります。
まぁしかし、ナックルとアームが負けてくれたおかげで、車体側サス取り付け部には影響がありませんでしたので、ある意味きちんと仕事をしてくれたということでしょう。

・・・ということで、3輪は5穴、1輪だけ4穴になってしまいました。

その後は、必要な部品を手当たり次第に外して持ち帰ることになりました。
シート、ヘッドライト、羽、ハンドル、電装品その他色々・・・

おかげさまで私のクルマはこんな状態になりました。(汗

ええ、すべてウチのパーツ置き部屋において帰られましたが。。。


Trackback on "mikeさんお手伝いその2"

このエントリーのトラックバックURL: 

"mikeさんお手伝いその2"へのトラックバックはまだありません。

Comment on "mikeさんお手伝いその2"

"mikeさんお手伝いその2"へのコメントはまだありません。

Post a Comment

コメントする

さんのTypeKeyへのサインインを確認しました。 コメントをどうぞ。

(HTMLタグは使用できません)
ブラウザに投稿者情報を登録しますか?(Cookieを使用します。次回書き込み時に便利です。)
  •  
  •