2005年01月15日

e-Manageセッティング

年末にやったeマネの現車セッティングのハナシです。

もともとはF20Bをオーバーホールしたときにe-マネをつけてセッティングしたんですが、H22Aに載せ換えてからは外していました。
理由は、純正でも十分速かったのと、さすがにF20B用にセッティングしたデータをそのままH22Aに使うのは怖かったからですが。。。

で、今回。
某Phaseのレブ上げECUもつけましたし、スライドカムプーリーもつけっぱなしになってたので、一度ひっくるめていつものJ'sでセッティングしてもらうことにしました。
お願いしたことは3点。

1.スライドカムプーリーがついてるので、その調整をあわせて行う。
2.マージンをしっかりとって、安心して全開できる仕様。
3.MAXパワーより、きもちよく8000rpmまでまわる方向性。

それとついでに、アライメンの調整と、右側のタイロッドエンドの交換も頼みました。

特にタイロッドエンドですが、サーキット走ってる人で交換したことない人は、一度チェックしたほうがいいですよ。
ハードに走ってない人でも、5年以上乗ってるなら一度チェックしたほうがよいかもです。
タイロッドエンドとは、ステアリングラックとナックルをつないでるものなんですが、要はハンドル切ったときにタイヤを左右に動かす部分と思ってもらっていいはずです。
で、ハードな使い方をしてるとここにガタが出てきてしまって遊びがでてしまいますので、ハンドルを切ってもその分逃げてしまうんですね。
ということで、いくらアライメントをきっちりとっても意味がなくなってしまいます。

チェック方法は簡単で、フロントをジャッキアップして、手でタイヤを左右に揺さぶってみたときにガタガタと動いてしまうようだと、タイロッドエンドがヘタってる可能性があります。
交換自体は工賃入れてもそんなに高くないのでディーラーにでも頼みましょう。自分でできなくはないですが、結構めんどくさい作業のようですので、ワタシもついでなんで頼んでしまいました。^^;

えっと、話がそれました。(汗

作業自体は全部あわせて1週間であがってきますし、意外と費用も安いので結構気軽にたのめる部類です。
現車セッティングというと何十万も想像してしまいがちですが、それはVプロみたいなフルコンのハナシ。e-マネくらいだと、遥かに安くでできちゃいます。
安いといってもセッティング自体は、実走セッティングとシャシダイセッティング両方行いますので、できあいのチューニングECUよりはるかにイイものができます。

それと今回、初めてスライドカムプーリーの調整もお願いしました。
この部品は載せ換え用に買ったエンジンについてた純正プーリーがひび割れしてたので、どうせ修理するならとJUNのものにこっそり交換してました。

ちなみにカムプーリーとは、タイミングベルトがカムを回転させるための部品ですね。

ここについてるヤツです。
普通はカバーで隠れてますが、ワタシはカムプーリーが見えるように外してます。^^;
でも、あまりお勧めはしません。
物を中に落としてしまったりするとエラいことになりますので。


アップがこれです。
スライドカムプーリーは、ここが調整できるようになっていて、カムとタイミングベルトの回転するタイミングをずらすことができるんですね。
で、何が変わるかというと、バルブタイミング、俗に言うバルタイが変わります。
たとえば、吸気バルブを純正より早く開いて、たくさん空気をシリンダに入れてやるとか、オーバーラップを多く取るとか、色々できるわけです。

さらに言うと、VTECが可変バルブタイミング&バルブリフト機構の略であるように、エンジンにとっては非常に重要なモノです。
ハイカム入った時って、大雑把に言えば、早く大きくバルブを開いて遅く閉じることで、吸気量を増やしてパワーを上げてるわけですから、ここをきっちりセッティングしてやればさらにパワー出せることになるわけです。
適当にやると、ピストンにぶち当たってブローしますが。(w


ということで、セッティング結果です。



途中経過です。


最終結果です。

セッティング前のグラフがなかったんですが、結果は以下のようになりました。
馬力:215ps(187ps) → 244ps(212ps)
トルク:21.9Kg/m(19Kg/m)→25Kg/m(21.7Kg/m)
カッコ内は実測値(係数なし)です。

実に29馬力、3Kg/mアップです。
NAでしかも、ノーマルエンジン、マージンたっぷりでこの数値。
すごいです。H22A恐るべしです。^^;

乗ってみましたが、これははっきり体感できます。
ってまぁ、30馬力近くあがってれば当たり前ですが、まずはとにかく気持ちいい。

なんていうんでしょ。きちんと空燃比、そして点火時期があってるときの、きれいに燃焼してる感覚。排気音はもちろん体に伝わるその振動も、すべてがイイ感じ。
純正も十分よかったんですが、それにはない、普通にまたーり街乗りしてるだけでも、ふと嬉しくなってしまうようなそんな感じです。

で、上まで回すとおっそろしいくらいのパワー。
2速全開なんて、クルマを抑えるのが大変なくらいです。
F20Bでセッティングしたときも、パワー出ててよく回ってくれてたんですが、それにH22Aのトルクが加わりますので、さらに上を行ってる感じです。
5000rpmからアクセル踏むと、その強烈なトルクとともに文字通りガツン!と加速します。パワー、レスポンス、音、振動すべてがシンクロしたような感じです。大げさじゃなく。^^;


もちろん軽量化のおかげもありますし、セッティングに見合う給排気系、そしてそれを受け止める、足、デフ、タイヤすべてが合わさってのものではありますが、それでもECUセッティングはやっぱりすごいと思います。

ということで、まじオススメです。
もう少しパワーほしいと思ってる人はたくさんいると思いますので、給排気いじった次の選択肢にいれてみてはどうでしょう。
普通こまごまパーツ換えたって、せいぜい数馬力。下手すれば気分だけみたいなモノがあふれる今の時代、やっぱり原点に立ち返ってECUに手を入れてみるのは間違ってないと思います。
「調整」という意味でのチューニングとはそもそもそういうものだと思いますし。

それと、エンジン壊れそうだという心配もあるとは思いますが、それもやり方しだいです。
基本は、純正ECUでとりすぎのマージンを適正な状態にあわせてやることです。
それ以上のパワーをだそうとしてセッティングを詰めだすと、寿命は縮まりますし、壊れやすくなります。
F20Bがブローしたのは、実はそれも一因にはあったんですが、そうではないやり方もあるということです。

きちんと自分の目指す方向性を伝えること、それを実現できる技術・経験のある店をみつけることが重要かなと思います。自分でできないことは、頼むしかないんですから。。。

ちょっと今回はエラそうなこと書いてしまいましたが、それだけオススメということで。^^;

Trackback on "e-Manageセッティング"

以下1件のトラックバックはこのページのエントリー"e-Manageセッティング"を参照しています。

このエントリーのトラックバックURL: 

» Edita.jpから編集員登録のご連絡

  • 2006年06月18日 21:31
  • from carcomi

サイト:車のコンピューター(ECU_ROM)の編集長carcomiさんがK’s Factory WebLog ~くじの日記帳2ndStage~さ んの記事... [続きを読む]

Comment on "e-Manageセッティング"

"e-Manageセッティング"へのコメントはまだありません。

Post a Comment

コメントする

さんのTypeKeyへのサインインを確認しました。 コメントをどうぞ。

(HTMLタグは使用できません)
ブラウザに投稿者情報を登録しますか?(Cookieを使用します。次回書き込み時に便利です。)
  •  
  •